不易アカデミー

HOMEログイン問合せ

不易アカデミーでは、生涯学習を通じ豊かな人生を送る人材の育成と輩出を目指しております。

『戯曲を味わう 〜大石Dの勉強会〜 vol.12』

  • 講師
    大石達起(gateディレクター/IN SITU)
  • 日程
    9月12日(木)19:00〜20:20
  • 会場
    AKIKAN
    (〒600-8445 京都市下京区岩戸山町440 江村ビル3F)
  • 金額
    500円
  • 定員
    15名
    *定員に達しない場合、当日参加可能です!
  • 主催
    一般社団法人フリンジシアターアソシエーション(075-344-8970)
  • キャンセルポリシー
    前日までのキャンセルの場合は全額返金いたします。なお、当日キャンセルの場合は返金はいたしません。
  • 内容
    つくる場・KAIKAの試演会「gate」。現在は、大石ディレクターのもと、既成戯曲の演出をテーマに開催中。それに関連して、月いちワークショップを実施しています。
    このワークショップでは、戯曲に書かれている歴史や文化、作者の背景を知ってから読むことで、戯曲をもっと楽しく読む(味わう)ことを目指します。「一人で戯曲を読んでると誰が誰かわからなくなる!」な方の参加もぜひぜひお待ちしています。

    9月14~16日にロームシアター京都サウスホールにて上演される『人形の家 Part2』に、勝手にコラボレーションをして、今回は、ヘンリック・イプセンの『人形の家』を味わいたいと思います。
    『人形の家』は自由主義が広がるヨーロッパでの”女性の自立”や”人間の開放”を描いた作品です。「140年も前のノルウェーの戯曲」と聞くと果てしなく遠い世界の事のように感じますが、近代演劇の父と言われるイプセンだけあって、社会的な観点に限らず、物語そのものも今読んでも非常におもしろい作品だと思います。
    Part2を観に行く予定の方もそうでない方も、ぜひ味わっていただきたい戯曲です。

チケット購入

チケットの販売は終了しました。
特定商取引法に関する表記を表示特定商取引法に関する表記を非表示>>